カードローン 口コミ

カードローンの申し込みをすると、金融機関やローン会社は、その申し込んだ人物の信用情報を調査します。

では信用情報とはいったい何でしょうか?信用情報とは個人の属性情報とクレジットカードや割賦販売、各種ローン、個人リースの利用残高と返済履歴が登録されているものです。

割賦販売にはショッピングクレジット、携帯電話端末本体の分割払いなどがあります。各種ローンは住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、キャッシング、カードローンなどが含まれています。個人リースはカーリースが代表的なものとなるでしょう。

契約に関わる情報は、登録会社名、契約日、金額、形態、返済回数などです。返済についての情報は、残高や支払い、入金状況などが登録されています。残高が0円であっても、カードローンや貸し付け枠設定型の銀行ローンなどの枠内融資で契約成立している場合は解約するまで登録されたままとなります。

キャッシング残高は加盟会社からほぼリアルタイムで送信され、最新の情報に更新されています。延滞などの金融事故に関する情報は、代位弁済や債務整理、手形等の不渡りについても登録されています。

またこの信用情報を使用した、という履歴は一定期間残ることになっています。つまりカードローンの申し込みを金融機関に行った場合、申し込み情報や照会履歴として登録されます。これは既存の契約状況を確認するためには必須のものです。カードローンの審査が通らない場合は、こういった履歴になんらかの問題があると考えられます。